看護師の経験の中で伝えたいこと

とっても多忙な看護学生!それでも看護学生がアルバイトをすべき3つの理由

あなたはアルバイトをしていますか?

しているとしたら、それはお金のため? それとも経験? 楽しいから?

就職前の貴重な学生の時間を何に使うかは慎重に考える必要があります。

大学生に聞いたお金以外のアルバイトの目的

第1位;人生経験のため(37.9%)
第2位;社会勉強のため(27.9%)
第3位;暇つぶし(15.3%)
第4位;社会活動で自己PRのため(6.1%)
第5位;友達作りのため

マイナビ 学生の窓口

上記のアンケートにある通り、アルバイトの目的はお金だけではありません。

そうであれば、時給だけでアルバイトを選んでしまうのはもったいないことです。

この記事でわかること

・看護学生がアルバイトをすべき理由

・看護学生におすすめのアルバイト、選び方とは

看護学生は他の学生と比べると忙しい部類に入ります。

そんな学生がアルバイトをすべきと思う理由、どんなアルバイトを選ぶべきかを考えていきましょう。

リオくん
リオくん
Lilyは看護師になる前はアルバイトはしていたの?
Lily
Lily
もちろんしてたよ~。大学のころに飲食店のアルバイトと、お惣菜販売のアルバイト!
リオくん
リオくん
どっちも食べ物のアルバイトだね。どうしてなの?
Lily
Lily
賄いがあったからだよ!私が大学のころは今ほどレシピ検索も多くなかったし、お金もないから美味しいご飯を食べられなかったんだよね。
リオくん
リオくん
そっかあ、美味しいご飯を食べると元気が出るもんね~

看護学生は忙しくてもアルバイトをすべきなのか?

結論から言うと、看護学生はアルバイトをすべきです。

看護学生は、大学であっても他と比べて履修科目が多く、朝から夕方まで授業がぎっしりとつまっています。
しかも、国家試験を視野に入れると、授業のほとんどに力を入れる必要があります。

さらに、2年目、3年目では病院実習が開始され、この実習は睡眠を削らなければならないほどの忙しさになります。
4年目では夏に就職活動をしながら、2月の国家試験に向けて猛勉強といったところです。

Lily
Lily
控えめに言っても鬼のように忙しい!アルバイトする暇なんてないよ~~~!

それでも、アルバイトをすべきだと考える理由は以下の3つです。

看護師がアルバイトをするべき理由

1、社会人としてのマナーを学べるから。

2、医療者以外の知り合いができるから。

3、看護師になってからの話題ができるから。

上記の3つの理由は今後の人生に広がりを持たせてくれます。これらがお金を稼ぎながら手に入るのはかなり貴重なものだと思います。

順番に説明していきます。

社会人としてのマナーを学べるから

礼儀

病院によっては接遇研修があるところも多いですが、アルバイトはお金を稼ぎながらマナーを実戦で学ぶことができる場所です。
しかも、学生であれば、多少マナーの知識がなくても許されます。

挨拶の仕方、言葉遣いなど、なんとなくは知っていても実際にはすぐに出なかったり、間違っていたりします。アルバイトで実践しておけばきっと就職後の自信に繋がります。

医療者以外の知り合いができるから

友人

看護師になると、医療者の知り合いは増えるのですが、医療者以外の人と知り合う機会が急激に減ります。
仕事をする上では問題ないのですが、年齢を重ねると医療者しか知り合いがいないことに寂しさを覚えます。

医療現場は良い意味でも悪い意味でも特殊な場です。


たまに、医療者ではない友人と話をすると仕事や考え方の違いに驚かされます。
医療者しか話し相手がいないと人生においてもかなり視野は狭まるでしょう。

仕事は看護師だけではないので、今後の人生の視野を広げるためにも、医療者以外の知り合いを作っておくことは必須です。

看護師になってからの話題の一つになるから

話題

就職してから患者さんや他のスタッフとの、話題にできることがアルバイトでの経験です。

やはり、実際に働いてみるとその仕事の裏も見えたりするので、話題提供の一つになります。学生時代の経験は患者とのコミュニケーションに広がりを見せてくれるでしょう。

どんなアルバイトをしたほうがよいか?

アルバイトといっても数多く存在します。
私の友人たちも様々なバイトをしていました。郵便局、アパレルショップ、ガールズバー、家庭教師などなど、、、。

お金に困っていれば、もちろん時間単価の高いアルバイトを探すべきですが、そうでなければ、時給でアルバイトを決めることはお勧めしません。

アルバイトをしている価値を高めるために、以下の2つをお勧めします。

接客業

接客業をすることで、患者さんと話すスキルが身に付きます。
言葉遣いだけでなく、性別・年齢・職業によってどのような話題を振ればよいのかがわかってきます。

また、接客業はメニューなどの説明をすることが多くなるため、看護師になってから検査や薬の説明をする場合に役立ちます。

自分の好きなことを仕事にする

夢

一度看護師として就職してしまうと、なかなか他の業種に目がいきません。ですから、看護師として就職する前に、好きなことを仕事にしてみることをお勧めします。

例えば、猫好きなら猫カフェ、ディズニー好きならディズニーランド、コーヒー好きならスターバックスなど。アルバイトでも関わってみると、その業種を深く知ることができます。

就職して心残りができないように、自分の好きなことに思いっきり関わってみるのも人生経験の一つです。

いつまでアルバイトをしたほうがよいか?

看護学生の特に大きなイベントとしては、実習と国家試験です。

就職活動は、看護師であれば他の業者よりは忙しくありませんでした。
そのため、アルバイトを辞めたくなければ、実習と国家試験の期間だけシフトを控えてもらった方がよいかもしれません。

他のアルバイトに興味があれば、これを理由に今のアルバイトを辞めて、落ち着いてから新しいバイトに挑んでみる手もあります。

私は、実習の多い月はシフトを制限し、国家試験前の12月にはアルバイトを辞め、3月だけ短期アルバイトをしていました。

看護学生がアルバイトをすべき理由;まとめ

1、アルバイトはお金だけでなく、経験、人脈、話題が手に入る方法である。

2、時給だけで決めず、自分の経験してみたいものを選ぶべき。

アルバイトは単にお金を稼ぐ行為というより、稼ぎながら自分の経験値を高められるチャンスです。
金額でみるより、そこでどんな経験ができたか、どんな人と出会ったか、それにより今後の人生の広がり方が変わります。

もし、アルバイト以外に学生のうちにやりたいことがなければ、是非とも飛び込んでみることをお勧めします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA