猫のこと

毎日が幸せであふれる!?猫と暮らし始めて変わったこと5選!

「猫」という動物と暮らし始めたら私の生活はどう変わるの? 今までの生活は壊されちゃうの?

そういった不安で、猫と暮らしたいけど踏み出せない人は多いのではないでしょうか?

私もとっても不安でした。

結論から言うと、生活は確実に変わります!今までと同じ生活には戻れないでしょう。

しかし、それが幸せなことか、不幸なことか。どう捉えるかは人それぞれです。

この記事でわかること

・猫と暮らすとどのように生活が変わるのか。

・生活が変わったことによってもたらされること

私がまとめた「猫と暮らし始めて変わったこと」を読んで考えてみてください。

Lily
Lily
では、まずは私が猫に狂うきっかけを作った本日の主人公を紹介します!

Lily
Lily
リオ君は私の彼が拾った子で、私は彼との同棲をきっかけに3年前から一緒に住み始めました。一緒にいる期間はまだ短いけど、もう毎日がリオ君にメロメロです。
リオくん
リオくん
Lilyは最初は恐る恐る僕のこと触ってたよね。抱っこもできてなかったし。
Lily
Lily
そりゃそうだよ~、猫に触ったことなかったもん。でも、今はリオ君の体中を触っちゃうよ~。
リオくん
リオくん
お腹は触らないで~~~!!

猫と暮らし始めて変わったこと

1 一刻も早く家に帰るようになった

私と彼は昼間は働いていますので、家にはリオ君が独りぼっちです。
ちなみにリオ君は猫が嫌いなので、多頭飼いもできません。


ですから、少しでも寂しい思いをさせたくなくて、仕事が終わったら小走りで帰ります。


猫は犬のように散歩もできないので、休日もできるだけリオ君と自宅でまったり過ごすようにしてます。

猫は1泊程度の旅行であれば、お留守番もできるのですが、結局気になってしまい旅行に集中できません…。
結果的に自宅で過ごすことが多くなるので、かなりの節約にはなっています。

2 家をきれいにするようになった

猫の誤嚥事故はかなり多いようです。


ヘアゴム、ほつれたヒモ、ビニール袋、ホッチキスの針、ピアスなどなど…。


自分ですぐ吐ければまだましですが、うまく摘出できなければ切開手術に、病院に間に合わなければ命に関わる場合もあります

また、猫にとって危険な食べ物も多く存在します。
例えば、玉ねぎ、にんにく、チョコレート、カフェイン類、アルコール類などなど。
更にアロマオイルなども口に入ってしまうと危険です。

ですから、掃除機はこまめにかけ、ゴミはためずに猫の触れないような場所に片づけるよう心がけています。


更に、上の写真のように、洗濯物を置いていたら猫は上に座って毛だらけにします…。
ですから、洗濯物もすぐに片づけ、なるべく物を置かないようにしています。

部屋をきれいにすることはリオ君のためですが、結果的に私自身が住みやすくなります。
ただ、リオ君は掃除機が大嫌いなので、毎回怒られてしまいますが…。

3 一人でいても笑うようになった

うちのリオ君は16歳。人間に換算するとなんと80歳程度!


かなりのおじいちゃんですが、おじいちゃんっぽい顔を見せません。
活動的で自分の3倍程以上の高さもぴょんと飛びます。


猫は甘えん坊で、やんちゃでいたずらっ子で、永遠の5歳ともいわれているのです。
そんなリオ君といると、仕事場での嫌なことはあっという間に忘れて、気づいたら笑っていることが多いです

4 猫のいろんな商品に目が行くようになる

猫のご飯、トイレだけでなく、キャットタワー、おもちゃ、おやつ、爪とぎなどなど…。
猫に関する商品はたくさんあります。


最低限ものは揃っていても「喜んでくれるかな?」と思い、ついつい購入してしまいます。
しかしながら、実際に購入しても使ってくれないこともありますが…。

それだけでなく、自分が使用する商品でさえ、猫の商品に目が行ってしまいます。
特に、自分の飼っている猫に似た猫です。


私で言えば、リオ君のようなキジトラ猫の商品に目が行ってしまいます。

5 猫や犬の保護団体の活動を気にするようになった

保護猫とは、捨てられたり、多頭飼崩壊だったり様々な事情で保護された猫のことです。

私はリオ君に出会って、猫のことを調べるうちに保護猫のこと、保護している団体がいること、保護されなければ年間数万匹が殺処分されていることを知りました。

なにか力になりたいと思い、保護猫団体の保護猫シェルターのボランティアに参加しています。
そのほかには、保護猫カフェにお茶をしに行ったり、保護猫団体に募金したりなどなど…。


多くのことはできませんが、リオ君だけでなく少しでも多くの猫が屋根のある温かい家で、温かい膝の上で幸せに人間と暮らせるように力になれたらと思います。

猫と暮らし始めて変わったこと;まとめ

 

1、猫との時間を大切にするため、自宅で過ごす時間が長くなった。

2、猫が安全に暮らせるように、家に余計なものを置かずこまめに掃除するようになった。

3、猫の行動に振り回され、一人でも笑うようになった。

4、猫の商品に目が行くようになる。

5、他の猫の幸せも願うようになり、保護猫団体への募金、ボランティアに興味を持つようになる。

猫と暮らし始めて、多くのことが変わりました。

これらをメリットと呼ぶ人も、デメリットと呼ぶ人もいるでしょう。
前と同じ生活には戻れませんが、私には穏やかで幸せな暮らしになりました。

「私は猫を飼っている」とは思えません。家族として「共に暮らしている」のです。

20年ほど共に生きるこの時間を大切にしていきたいと思います。

POSTED COMMENT

  1. くぅたん より:

    とても素敵です✨
    読んでいて、すごく嬉しくなりました。
    ありがとうございます。

    • lily-cat より:

      くうたん様、コメントありがとうございます。猫に関して現在勉強中なので、有益な情報を載せられるように精進します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA